チャリンコ通学

栄町は校区の一番ハズレ。3年間そこからはチャリンコ通学だった。昨日根津君とこへ散髪に行くついでにチャリンコで懐かしの通学路を辿ってみる。まず古川を渡る手前にはだいたいは岩本君が居て一緒に銀輪を並べる、前か後ろには加藤さんやら寺川さんが居ることもある。当時は久御山高校もゆうホールも無い田んぼ道を行く変則五叉路で佐山の連中と合流。今は藤沢君が働いているサカムラの脇を通って近畿放送(現KBS)のアンテナを眺めて、1号線の下を抜けるトンネルへ。ここは歩いて渡らないとだめなんだけれど皆そのまま一気に潜って抜けていた。たまに堤先生がバイクで来て指導。生徒の誰かが「そんなに言うんだったら先生のバイクも歩いて渡ってください」と言い返し絶句されていたとか。進むと宇治淀線を渡って旧役場前を通る。のどかな田園風景が続き、進むと京阪コンクリートの大きなプラント工場へ。右側の工場にはいつも若い女性が立っている。何故か堤先生が来ると手を振っていた。今考えれば堤先生は障がい者学級も担当していたのかもしれない。そんな風景を見て淀中学へ。約30分。ついでに消防学校になっている元母校を見る。当時のものは何にも無いことは無いと思って見ると一番奥にクラブボックスが見えた。バレー部、野球部、テニス部、野球部だったかのブロック作りのボックス。それから変わらないのは電信柱に張られたネット。塀との間に植わっていたヒマラヤスギは伸び過ぎたのかあらかた伐られていた。こうやって通学してたんだ。

遠くにドアが4っつみえるのがクラブボックス

1つ星( 4いいね!)
読み込み中...

チャリンコ通学” に対して4件のコメントがあります。

  1. 島七 より:

    直線で1.5キロ これが自転車に乗れる境目でした。我が家はNTTグランドの北側でギリギリアウトでした。二年間歩いての通学はしんどかった!

  2. じろ より:

    久御山中学の時はそつっあんが歩いてる横をチャリンコでよう抜かしたな。(笑)
    野上さんに聞いたら、淀方面は自転車通学は禁止だったんだって!?。そう言えば、旧い淀大橋は歩道が別になってて細く自転車と離合が出来なかったねぇ。それもところどころ穴が空いててね。旧い淀大橋の写真無いかなぁ。

  3. 島七 より:

    あ!あの狭い歩道。淀大橋のあの歩道作っていたのは 私のおじさんで曽束鉄工所なの。溶接してる所を見たことあるわ。そのおじさんの家は淀しもづ町にあって 大同くんの横を通って聖ちゃん(香川)ちの向かいやった。

    1. じろ より:

      うわっ。ご親戚が作ってたんや。狭いねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。