どんぶらこっこすっこっこ

孫が発熱して面倒を見て欲しいと、働いている娘より。近鉄急行で現場に向かうと案外元気そう。注意事項を聞き子守タイムへ。電車の好きな孫にAmazonプライムからお誂え向きの特急シリーズを見せ、図鑑と見比べて当てっこして遊ぶ。念のため熱は測っておこうと、んんん。なんと40度超えている。急いで寝床へ直行。朝に座薬入れてからまだ6時間経っておらず、取り急ぎ寝かしつけようと。よしよししながら、昔話。昔々あるところにお爺さんとお婆さんが…と始めた。どんぶらこっこ、すっこっことやっているとなんとなく一寸法師の感じになり桃を切ると出てきた一寸法師、それから海に行くんだっけとなり、亀に乗って竜宮城へタイヤヒラメの刺身を食って、帰ってきてお土産を開けたらお爺さんになってしまうという支離滅裂な物語を。それでも寝てくれたけど。(笑)昔々の話も遠くなり覚えが悪くなった。お爺さんと言われるわけだ。

 昨日の京都駅からの夕景。

1つ星( 2いいね!)
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

green bean to bar

次の記事

夢のある施策って